ブラックベリー

琵琶湖

滋賀は野菜や果物を豊富に採取することができます。その中でもブラックベリーを日本で1番出荷しているのが滋賀です。太陽を利用して野菜や果物を作るように、新築戸建てを建てる場合は太陽光発電を利用しましょう。

費用

琵琶湖の鳥居

新築戸建てに太陽光発電を導入する場合は、費用について知っておいた方が良いです。高いイメージがある太陽光発電ですが、現在では導入費用は安くなってきています。住宅が滋賀にある場合は、その滋賀の気候も理解して導入しましょう。

味覚狩り

彦根城

滋賀には美味しい野菜や果実がたくさんあります。ぶどう狩り、りんご狩り、梨狩り、柿狩り、栗拾い、さつまいも掘りなど多くの味覚を楽しめます。気候が良いのを利用して、新築戸建てには太陽光発電を活用しましょう。

夏に役立つ

満月寺浮御堂

滋賀の8月半ばから9月の初旬にかけては、非常に暑いです。強い日差しが嫌いな人も多いですが、その太陽を利用しれば、自宅の電気にすることができます。新築戸建てに太陽光発電を利用しれば、経済的にもお得です。

仕組み

田んぼと鉄道

日本で一番大きい湖は、琵琶湖です。その琵琶湖が面積の2割を占めているのが滋賀県です。
琵琶湖の周りには、盆地が広がっていて、農業や工業が盛んに行われています。この盆地を運んでいる多くの山は、東日本と京都を繋いでいる陸の中継ポイントとなっています。
琵琶湖の恵みによって、滋賀には多くの特産物や名物があります。
牛肉や、千年以上の歴史を持っているお寿司、梨、魚料理など様々あります。観光に行く時には、これらの食べ物を十分味わうことができます。
食べ物だけではなく、国の史跡に指定されている古墳や、様々な遺跡があります。
これらを見ることによって、滋賀の魅力、雰囲気を楽しむことができます。
四季折々違う楽しみ方ができる滋賀ですが、滋賀に新築戸建てを建てたい、と思う場合は気候について知っておくことが大切です。
春は寒さが緩くなるのですが、急に温度が上がったり、逆に真冬のような寒さになったりすることもあります。夏は、8月の半ば以降は非常に暑くなります。
都市部に住む場合は、秋と感じるのはだいたい10月頃です。9月には残暑が厳しい状態です。
都市部の場合は、冬でも数回程度雪が積もる程度です。

滋賀に新築戸建てを建てる場合は、太陽光発電を導入した方が良いです。
夏場にはクーラー、冬には暖房を使うことが多い滋賀ですが、太陽光発電を利用することで電気代を節約することができます。
既存の家に太陽光発電を導入する人も少なくありませんが、元々太陽光発電の導入を考えている新築戸建てなら、効果的に電気を作ることができます。
新築戸建てに太陽光発電を導入する場合は、太陽光発電の仕組みを知る必要があります。

太陽光発電の中で大きな役割を果たしているのが、太陽電池パネルです。太陽電池パネルとは、屋根の上に設置しているパネルのことです。
これがあることで、太陽の強力な光エネルギーを、電気エネルギーに変えることができるのです。
どのようにして、太陽の光を電気に変えているのかというと、それはシリコン半導体が深く関係しています。
太陽電池はシリコン半導体によって作られています。シリコン半導体の種類は1つではなく、p型、n型という性質が異なる半導体が重ねあっています。
このシリコン半導体に光が当たることで、プラスとマイナスの粒子が発生し、それぞれがp型とn型に引き寄せられます。
そうすると、太陽電池の表と裏にある電極から電気として取り出すことが可能になるのです。
新築戸建てに太陽電池を導入する場合は、このような仕組みについて知っておいた方が良いです。
ただ、住宅の形態によっては導入できない場合もあるので、新築戸建ての設計の段階から、太陽光発電を頭に入れておきましょう。